ワクチン新聞

検索

ワクチンや感染症の名前など、気になるワードで記事を探しましょう。

検索結果 14 件中 1 - 5 件目

全て開く

平成29年(2017)秋号

開く

インフルエンザワクチンの効果

インフルエンザは例年12〜3月頃に流行します(流行のピークは例年1〜2月)。インフルエンザウイルスには複数の型があり、そのシーズンに流行が予測される型に合わせてワクチンが製造されています。インフ...

インフルエンザは例年12〜3月頃に流行します(流行のピークは例年1〜2月)。インフルエンザウイルスには複数の型があり、そのシーズンに流行が予測される型に合わせてワクチンが製造されています。インフルエンザワクチンは、感染後にインフルエンザが発症する可能性を低減する効果と、発症時の重症化(肺炎や脳症等の重い合併症や死亡)の防止が期待できます。
流行株が毎年異なることと、ワクチンの予防効果は接種した2週間後から5ヵ月程度までと考えられることから、インフルエンザの予防には毎年接種を受けた方がよいと考えられます。ワクチン接種から効果が出現するまでに2週間程度かかりますので、毎年10〜12月中旬にワクチン接種を受けることが望ましいでしょう。
なおインフルエンザワクチンは、ウイルスとしての病原性がない不活化ワクチンなので、ワクチン接種によりインフルエンザを発症することはありません。

開く

ワクチン質問箱

質問:妊娠中・授乳中にインフルエンザの予防接種を受けられますか?回答:インフルエンザワクチンは、妊娠中・授乳中も接種できます。ワクチン接種を希望する場合は、接種の適否と時期を主治医に相談しましょ...

質問:妊娠中・授乳中にインフルエンザの予防接種を受けられますか?
回答:インフルエンザワクチンは、妊娠中・授乳中も接種できます。ワクチン接種を希望する場合は、接種の適否と時期を主治医に相談しましょう。妊娠初期にインフルエンザワクチンを接種しても流産や先天異常のリスクが高まる報告はなく、日本産科婦人科学会等は妊婦への接種を推奨しています。また、授乳中にインフルエンザワクチンを接種しても、母乳を介した子どもへの影響はないとされています。

開く

インフルエンザと風邪の違い

インフルエンザはインフルエンザウイルスの感染により、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等が急速に現れる病気です。のどの痛み、鼻汁、咳等もあります。まれに小児は急性脳症を、高齢者は...

インフルエンザはインフルエンザウイルスの感染により、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等が急速に現れる病気です。のどの痛み、鼻汁、咳等もあります。まれに小児は急性脳症を、高齢者は肺炎等を起こして重症になることがあります。
風邪はさまざまなウイルスが原因で、症状はのどの痛み、鼻汁、くしゃみ、咳が中心です。発熱はインフルエンザほど高くなく、重症化することは少ないです。


全て開く

平成29年(2017)夏号

開く

細菌とウイルスの違い

細菌とウイルスは、どちらも病気の原因になるという共通点がありますが、感染した場合の治療法は大きく異なります。破傷風や百日せきなど細菌感染症の治療には抗生物質が使用されますが、ウイルス感染症に効く...

細菌とウイルスは、どちらも病気の原因になるという共通点がありますが、感染した場合の治療法は大きく異なります。破傷風や百日せきなど細菌感染症の治療には抗生物質が使用されますが、ウイルス感染症に効く抗生物質はありません。また、ウイルス感染症では、インフルエンザ、水痘、B型肝炎などには有効な抗ウイルス薬がありますが、麻しんや日本脳炎など多くのウイルス感染症には有効な治療薬がありません。


全て開く

平成29年(2017)初夏号

開く

蚊に刺されてうつる感染症

わが国で蚊が媒介する重大な感染症は、日本脳炎です。日本脳炎ウイルスに感染しても多くは軽症か無症状ですが、感染者250人のうち1人は脳に炎症を起こし、高熱、頭痛、嘔吐、意識障害、けいれんなど重い症...

わが国で蚊が媒介する重大な感染症は、日本脳炎です。日本脳炎ウイルスに感染しても多くは軽症か無症状ですが、感染者250人のうち1人は脳に炎症を起こし、高熱、頭痛、嘔吐、意識障害、けいれんなど重い症状で発症し、発症者の致死率は30%に及びます。日本脳炎には、抗ウイルス薬などの有効な治療法がありません。日本脳炎ワクチンの接種は有効かつ唯一の予防措置で、定期接種になっています。ワクチンにより日本脳炎ウイルスに対する抗体ができ、かかりにくくなります。
なお、近年は蚊に媒介されるデング熱も話題になっています。デング熱に感染すると、インフルエンザのような症状が出ます。デング熱を媒介する蚊は、早朝や夕暮れ前に好んで刺すので蚊に刺されない工夫が大切です。
家庭で行える蚊の防護策は、長袖・長ズボンの着用、虫除け剤や殺虫剤の使用、蚊の産卵・生育場所を清掃・排除し環境を管理することなどです。


全て開く

平成29年(2017)早春号

開く

感染症Q&A

Q.なぜ冬に感染症が増えるの?A.みずぼうそう、インフルエンザ、感染性胃腸炎(ロタウイルス)、麻しん、風しん、溶連菌感染症などが流行する冬(2~3月)は、空気が乾燥しているため、低温・低湿を好む...

Q.なぜ冬に感染症が増えるの?
A.みずぼうそう、インフルエンザ、感染性胃腸炎(ロタウイルス)、麻しん、風しん、溶連菌感染症などが流行する冬(2~3月)は、空気が乾燥しているため、低温・低湿を好むウイルスにとって快適な環境です。咳やくしゃみの飛沫に乗ったウイルスが遠くまで飛んで感染を広げます。また、鼻・のど・気管支などの粘膜も乾燥して、ウイルスが侵入しやすい環境になります。水分や栄養の補給と十分な休養が病気の予防に大切です。

開く

出席停止の感染症

インフルエンザ、百日咳、みずぼうそう、麻しん、風しんなどにかかると、学校保健安全法施行規則により「出席停止」となり、医師の許可が下りるまで登園・登校できません。治ったかどうかは自己判断せず、医師...

インフルエンザ、百日咳、みずぼうそう、麻しん、風しんなどにかかると、学校保健安全法施行規則により「出席停止」となり、医師の許可が下りるまで登園・登校できません。治ったかどうかは自己判断せず、医師に相談しましょう。登園・登校再開時に「登園・登校許可証」「治癒証明書」が必要な場合もあります。お仕事をお持ちの方などは、あらかじめ「病児保育」について調べておくと安心です。


全て開く

平成28年(2016)冬号

開く

インフルエンザの予防接種はお済みですか?

一般的にインフルエンザ流行のピークは1~3月といわれています。ワクチン接種を受けてからインフルエンザに対する免疫力がつくまでに2週間程度かかります。また、その効果が十分に持続する期間は約5カ月間...

一般的にインフルエンザ流行のピークは1~3月といわれています。ワクチン接種を受けてからインフルエンザに対する免疫力がつくまでに2週間程度かかります。また、その効果が十分に持続する期間は約5カ月間とされています。効果的にインフルエンザを予防するためには、遅くとも12月までには予防接種を受けましょう。
平成28年~29年のシーズンは、前年と同様にA型2種類、B型2種類、計4種類のインフルエンザウイルスに対応したワクチンを接種することができます。接種回数とスケジュールは年齢や実施する自治体などで異なりますので、お近くの医療機関などでおたずねください。
インフルエンザウイルスは、飛沫感染以外に接触感染も起こし、感染力が高いウイルスといわれています。ワクチンと同様にインフルエンザの感染を予防する方法として、手洗い、マスク着用、加湿、食事・睡眠・心身の安楽などによる抵抗力の向上なども有効だと考えられています。

開く

感染症予防に有効な手洗い

インフルエンザウイルスは飛沫感染以外にも、飛沫で汚染された手指や物など周囲環境の表面から手を介して接触感染するので、うがいやマスクだけでなく手洗いは重要です。ノロウイルスはおもに接触感染で、吐物...

インフルエンザウイルスは飛沫感染以外にも、飛沫で汚染された手指や物など周囲環境の表面から手を介して接触感染するので、うがいやマスクだけでなく手洗いは重要です。
ノロウイルスはおもに接触感染で、吐物などからの飛沫感染も報告されています。石けんでは殺菌されないため、手洗いでしっかり洗い流すことが大事です。