ワクチン新聞

検索

ワクチンや感染症の名前など、気になるワードで記事を探しましょう。

検索結果 23 件中 16 - 20 件目

全て開く

平成26年(2014)春号

開く

2020年、風しん排除が目標

2012年から風しんが大流行し、2013年末までに14,000人以上が風しんにかかりました。今年になっても毎週10人前後が風しんにかかっているため、引き続き注意が必要です。さらに、風しんに対する...

2012年から風しんが大流行し、2013年末までに14,000人以上が風しんにかかりました。今年になっても毎週10人前後が風しんにかかっているため、引き続き注意が必要です。
さらに、風しんに対する免疫を持たないか、低い抗体価の女性が妊娠中に風しんにかかると、赤ちゃんに生まれつき難聴や心疾患などの障害が起こることがあります。これを「先天性風しん症候群」といい、妊娠初期に感染するほど障害が起こる確率が高くなります。先天性風しん症候群は、2013年には32人が報告されました。今年はすでに6人が報告されており(2014年2月19日現在)、今後、さらに増えることが懸念されています。
このような事態を受け厚生労働省は今年4月から「風しん対策推進会議」を設置し、積極的に風しん対策を進めています。
国外から多くの人が来日する東京オリンピック・パラリンピック開催の2020年までに、日本から風しんを排除することが目標として掲げられました。
風しん予防には、1回の接種で麻しんと風しんの両方を予防できる麻しん風しん混合(MR)ワクチンの接種をお勧めします。

開く

麻しん(はしか)が流行 ―フィリピンからの流入―

今年の1月1日~2月26日までに、京都府20人、千葉県17人など、合計119人の麻しん患者の報告がありました。原因となった麻しんウイルスを詳しく検査したところ、フィリピンで感染したことが疑われる...

今年の1月1日~2月26日までに、京都府20人、千葉県17人など、合計119人の麻しん患者の報告がありました。原因となった麻しんウイルスを詳しく検査したところ、フィリピンで感染したことが疑われる患者が多くありました。
世界保健機関(WHO)西太平洋事務局の情報では、2013年に麻しん患者の報告が多かった国は、中国、フィリピン、ラオスで、患者数は、中国が26,360人、フィリピンが957人、ラオスが68人でした。
フィリピン保健省によると、フィリピンで今年1月1日~1月11日までに麻しんが疑われる患者が1,163人報告されています。
このため、患者が多く発生している地域で集中的に予防接種キャンペーンが行われています。
麻しんは予防接種で予防することができる病気です。麻しん風しん混合(MR)ワクチンの接種をお勧めします。


全て開く

平成25年(2013)秋号

開く

油断してはいけない、水痘(みずぼうそう)

水痘(みずぼうそう)は、1年を通じて流行していますが、冬から初夏にかけてが最も患者の多い時期です。非常に感染力が強く、保育所や幼稚園など集団生活の場で流行しやすい病気です。一般的には軽くすむ病気...

水痘(みずぼうそう)は、1年を通じて流行していますが、冬から初夏にかけてが最も患者の多い時期です。非常に感染力が強く、保育所や幼稚園など集団生活の場で流行しやすい病気です。
一般的には軽くすむ病気と考えられていますが、他の病気を併発した場合や体の抵抗力が弱い人が水痘に罹ると重症化しやすく、特に注意が必要です。また、妊婦の場合はお腹の赤ちゃんにも感染し、様々な臓器に障害を持って生まれたり、新生児が重症水痘になる危険性もあります。
水痘に罹った人を年齢別に調べると、約80%は5歳までに罹患しています。水痘ワクチンは1歳の誕生日を迎えたら接種できるワクチンですので、MR(麻しん・風しん混合)ワクチンの1期接種が済んだら1ヵ月以上間を空けて、水痘の予防接種を受けましょう。もちろん、MRワクチンとの同時接種も可能です。


全て開く

平成25年(2013)夏号

開く

お母さんからのプレゼント

赤ちゃんは、お母さんのお腹にいるときにお母さんから様々な病気に対する免疫が受け継がれます。しかし、百日せきの抗体は生まれて早い時期に、麻しん(はしか)の抗体は乳児期後半には失われてしまいます。そ...

赤ちゃんは、お母さんのお腹にいるときにお母さんから様々な病気に対する免疫が受け継がれます。
しかし、百日せきの抗体は生まれて早い時期に、麻しん(はしか)の抗体は乳児期後半には失われてしまいます。そのため、百日せきを含む4種混合ワクチンは生後3ヵ月、麻しんを含む麻しん風しん混合ワクチンは生後12ヵ月になったらなるべく早い時期に接種を受けます。

開く

流行する風しん

今年は風しん患者が急増し、1月からの累積患者数はすでに1万人を超えました(平成25年6月19日現在、10,822人)。患者は20~40歳代の男性に多く、この世代の男性はワクチン接種を受けておらず...

今年は風しん患者が急増し、1月からの累積患者数はすでに1万人を超えました(平成25年6月19日現在、10,822人)。患者は20~40歳代の男性に多く、この世代の男性はワクチン接種を受けておらず、風しんに対する免疫を持っていないためと考えられています。風しんに対する免疫を持っているかどうかは、血液検査(有料)で抗体を測るとわかります。採血はすぐに終わりますが、結果がわかるまでには数日から1週間かかります。また、抗体検査費用や予防接種費用を一部(あるいは全額)負担してもらえる市町村もあります。詳しくは、かかりつけの医療機関・医師、お住まいの市町村にご相談ください。
風しんの流行を抑えるには、集団の80~85%の人が免疫を獲得し、維持することが重要です。ひとりひとりが免疫力を高め、社会全体で感染症を予防しましょう。


全て開く

平成25年(2013)初夏号

開く

風しん!なぜ流行を繰り返す?

予防接種には、「個人を守る」と「社会を守る」の2つの役割があります。予防接種を受けるとその病気に対する免疫(抵抗力)がつくられ、その人の感染症の発症あるいは重症化を予防することができます。また、...

予防接種には、「個人を守る」と「社会を守る」の2つの役割があります。
予防接種を受けるとその病気に対する免疫(抵抗力)がつくられ、その人の感染症の発症あるいは重症化を予防することができます。また、周りの人たちが免疫を獲得していると、集団の中に感染患者が出ても流行を阻止することができる「集団免疫効果」が発揮されます。風しんの場合は、集団の80~85%の人たちが免疫を獲得していると集団免疫効果が発揮されます。
風しんに対して免疫のない女性が妊娠中に風しんにかかると、赤ちゃんに先天性の難聴や心疾患などの障害が起こることがあります。これを「先天性風しん症候群(CRS)」といい、特に妊娠初期の感染では障害が起こる確率が高くなります。
1977~95年頃の風しん対策は、CRSを防ぐことを目的としていたため女子中学生だけが風しんワクチンの接種対象でした。そのため、平成14年の調査では、風しんに対する免疫を持たない人が、20~30歳代では推計530万人(このうち男性が450万人)にのぼりました。
現在は、男女とも1歳と小学校就学前の2回、麻しん風しん混合(MR)ワクチンを接種されていますが、ワクチンを接種されなかった20~40歳代の男性は十分な免疫を獲得していないため流行の中心となっています。子どもたちのワクチン接種率が高まると風しんの流行間隔が広がりますが、免疫が低下した成人が増えると、職場や地域で成人を中心とした風しんの流行がみられます。
流行を繰り返さないためには、集団の80~85%の人たちが免疫を獲得し、維持することが重要です。
麻しんワクチンを2回受けていない場合は、1回の接種で麻しんと風しん両方の免疫が得られるMRワクチンの接種をお勧めします。


全て開く

平成25年(2013)春号

開く

風しんが流行中!

風しん患者はここ数年は少なかったのですが、平成24年は患者数が増加し、前年の6倍以上となりました。さらに、今年になっても依然として流行が続いており、1月から2月中旬までの7週間で745例の患者が...

風しん患者はここ数年は少なかったのですが、平成24年は患者数が増加し、前年の6倍以上となりました。さらに、今年になっても依然として流行が続いており、1月から2月中旬までの7週間で745例の患者が報告されています。
なぜ、このような流行が続いているのか、詳しい原因を調べたところ、20歳代から40歳代の男性に多く発症しており、職場などで集団感染が起こっていることがわかりました。20歳代から40歳代の女性の9割以上は風しんに対する十分な免疫(抗体)を持っていますが、男性は風しんの定期予防接種の対象ではなかったため、風しんに対する十分な抗体がなかったと考えられます。抗体を持たない妊娠中の女性が風しんにかかると、赤ちゃんに生まれつき難聴や心疾患などの障害が起こることがあります。これを「先天性風しん症候群」といい、感染が妊娠の初期だと高い確率で障害が起こります。これは、妊娠初期が胎児の臓器が形成される時期で、風しんウイルスの影響を受けやすいためと考えられています。

開く

麻しん風しんの予防接種を早めに済ませましょう

予防接種には、法律に基づいて市区町村が主体となって実施する「定期接種」と、希望者が各自で受ける「任意接種」があります。接種費用は、定期接種は公費ですが(一部で自己負担あり)、任意接種は自己負担と...

予防接種には、法律に基づいて市区町村が主体となって実施する「定期接種」と、希望者が各自で受ける「任意接種」があります。接種費用は、定期接種は公費ですが(一部で自己負担あり)、任意接種は自己負担となります。
風しんの予防接種は、麻しん風しん混合(MR)ワクチンを定期接種として受けることができます。2回接種が基本で、1回目(1期)は生後1歳以上2歳未満、2回目(2期)は小学校就学前の1年間に接種を受けます。ただし、それ以外の年齢で接種を受ける場合は、特別な事情がない限り、任意接種の扱いとなります。
成人の場合は、任意接種となります。明らかに風しんにかかったことがない人、予防接種を受けたことがない人、抗体陰性又は抗体価が低いと確認ができた人は、予防接種を受けることをお勧めします。なお、もし麻しんワクチンを1歳以上で2回受けたことがない場合は、1回の接種で麻しんと風しんの両方を予防できるMRワクチンの接種をお勧めします。
風しんは特異的な治療法がありません。風しんの流行を防ぎ、先天性風しん症候群を防ぐためにも、予防接種をきちんと受けることが大切です。