ワクチン新聞

検索

ワクチンや感染症の名前など、気になるワードで記事を探しましょう。

検索結果 23 件中 21 - 23 件目

全て開く

平成25年(2013)早春号

開く

麻しん風しん混合(MR)ワクチンを受けましょう

昔は疱瘡(天然痘)、麻しん(はしか)、水痘(みずぼうそう)は最も恐れられている疫病でした。特に麻しんは感染力が強く「命定め」と言われ、ワクチンが開発されていなかった時代では、麻しんを発症して多く...

昔は疱瘡(天然痘)、麻しん(はしか)、水痘(みずぼうそう)は最も恐れられている疫病でした。特に麻しんは感染力が強く「命定め」と言われ、ワクチンが開発されていなかった時代では、麻しんを発症して多くの子どもたちが命を失いました。
日本では、1978年に麻しんワクチンの定期接種が始まり、麻しんを予防することが可能になりました。現在でも、麻しんに特異的な治療法はなく、ワクチンによる予防が最も大切です。
1歳のお誕生日を迎えたら出来るだけ早く、MRワクチンの接種を受けましょう!

開く

MRワクチン3期・4期が2013年3月末に終了予定

それまでは、麻しんワクチン、風しんワクチンをそれぞれ1回接種していましたが、2006年4月から麻しん風しん混合(MR)ワクチンによる2回接種が始まりました。1期は1歳~2未満、2期は小学校就学前...

それまでは、麻しんワクチン、風しんワクチンをそれぞれ1回接種していましたが、2006年4月から麻しん風しん混合(MR)ワクチンによる2回接種が始まりました。1期は1歳~2未満、2期は小学校就学前の1年間に接種します。
2006年から2007年にかけて、10代~20代を中心として麻しんが流行し患者が増加しました。そこで、5年間の限定措置として2008年から中学1年生と高校3年生相当年齢の人にMRワクチンの3期、4期接種が始まりました。この制度は今年(2013年)3月末で終了する予定です。該当する人で接種を受けていない場合は、3月までにMRワクチンの接種を受けましょう。
詳しくは、かかりつけの医療機関・医師、お住まいの市町村にご相談ください。

開く

水痘ワクチンを受けましょう

昔は水痘に対するワクチンがなかったため、かかるのが当たり前の病気でした。しかし、25年前から予防に有効な水痘ワクチンが発売され、1歳になったら予防接種を受けることができるようになりました。MRワ...

昔は水痘に対するワクチンがなかったため、かかるのが当たり前の病気でした。しかし、25年前から予防に有効な水痘ワクチンが発売され、1歳になったら予防接種を受けることができるようになりました。
MRワクチン、水痘ワクチン、おたふくかぜワクチンなどは、生きたウイルスの毒性を弱くした弱毒生ワクチンです。このため、1回接種を受けると約1ヵ月間は次の予防接種を受けることができません。お住まいの地域の流行状況も考えて接種順序を決めたり、2種類のワクチンを同時接種することも可能です。かかりつけの小児科医とよく相談し、早めに予防接種を済ませましょう。


全て開く

平成24年(2012)初夏号

開く

風しんと先天性風しん症候群

風しんは、風しんウイルスの飛沫感染により起こる病気です。発熱、リンパ節の腫れ、発疹の3つの症状が特徴ですが、関節痛や脳炎などの合併症を起こすことがあります。先天性風しん症候群は、風しんの免疫がな...

風しんは、風しんウイルスの飛沫感染により起こる病気です。発熱、リンパ節の腫れ、発疹の3つの症状が特徴ですが、関節痛や脳炎などの合併症を起こすことがあります。
先天性風しん症候群は、風しんの免疫がない妊婦が妊娠初期に風しんにかかることで胎児が感染し、心疾患や白内障、聴力障害などが起こる先天異常症です。

開く

風しん患者が増加しています

風しん患者はここ数年減少していましたが、昨年は前年の4倍に増加しました。特徴として、20歳代から40歳代の成人、特に男性患者が多く発症しています。この世代の男性は、風しんの定期予防接種の対象では...

風しん患者はここ数年減少していましたが、昨年は前年の4倍に増加しました。特徴として、20歳代から40歳代の成人、特に男性患者が多く発症しています。この世代の男性は、風しんの定期予防接種の対象ではなかったために、風しんに対する十分な免疫(抵抗力)がなかったと考えられます。
風しんは特異的な治療法がありません。予防接種を受けていない人やかかったことがない人は、風しんの予防接種をお勧めします。
小さな子どもを持つ親の世代で風しん患者が増えていることは問題です。子どものうちに予防接種を受けしっかりと免疫をつけましょう。


全て開く

平成24年(2012)創刊号

開く

麻しん(はしか)・風しんの予防接種

麻しん・風しんの定期予防接種は、平成18年から麻しん風しん(MR)混合ワクチンによる2回接種が始まりました。さらに、平成20年から5年間限定で、中学1年生相当、高校3年生相当の方への接種が始まり...

麻しん・風しんの定期予防接種は、平成18年から麻しん風しん(MR)混合ワクチンによる2回接種が始まりました。さらに、平成20年から5年間限定で、中学1年生相当、高校3年生相当の方への接種が始まりました。
現在の第2期から第4期の接種対象者は、4月以降は接種対象から外れてしまいます。接種機会を逃すことのないよう、早めの接種をお勧めします。

開く

みずぼうそうと予防接種

水痘ワクチンは、当初、免疫不全の子ども用に開発されました。その後、接種の対象者が広がり、現在では毎年多くの健康な子どもにも接種されるようになりました。水痘ワクチンは1回の接種により、水痘に対する...

水痘ワクチンは、当初、免疫不全の子ども用に開発されました。その後、接種の対象者が広がり、現在では毎年多くの健康な子どもにも接種されるようになりました。
水痘ワクチンは1回の接種により、水痘に対する十分な免疫(抗体)が獲得されます。その後の調査で、ワクチンを接種した人の10%から20%程度が水痘を発症することがわかりました。しかし、この場合、症状は軽く、発しんの数も少なくて済みます。
1歳を過ぎたら、なるべく早い時期に、水痘ワクチンを接種することが勧められています。
MRワクチン1期接種が済んだら、1ヵ月以上間を空け、水痘ワクチンを接種しましょう。