• TOP >
  • ワクチン接種のスケジュールと流れ >
  • 予防接種を受ける前のチェック

母子手帳

予防接種を受ける前のチェック

予防接種に行く前のチェック

①お子さんの体調はよいですか。
予防接種は体調のよい時に受けるのが原則です。
朝からお子さんの状態をよく観察し、ふだんと変わったところのないことを確認するようにしましょう。予防接種を受ける予定であっても、体調が悪いと思ったら、かかりつけ医に相談の上、接種をするかどうか判断するようにしましょう。
②今日受ける予防接種について、必要性、効果及び副反応など理解していますか。
受ける予定の予防接種について、市町村からの通知やパンフレットをよく読んで、必要性や副反応についてよく理解しましょう。
わからないことはメモにしておき、接種を受ける前にかかりつけ医に質問しましょう。
③母子健康手帳は持ちましたか。
④予診票の記入はすみましたか。
予診票は、接種する医師への大切な情報です。責任をもって記入するようにしましょう。
⑤お子さんの日頃の健康状態をよく知っている保護者の方が連れていきましょう。

予防接種を受けることができない人

①明らかに発熱(通常37.5℃以上) をしている人
②重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人
急性で重症な病気で薬を飲む必要のあるお子さんは、その後の病気の変化もわからないことから、その日は接種を受けないのが原則です。
③その日に受ける予防接種の接種液に含まれる成分で、アナフィラキシーを起こしたことがあることが明らかな人
*アナフイラキシー:
通常接種後約30分以内に起こるひどいアレルギ一反応のことです。汗がたくさん出る、顔が急にはれる、全身にひどいじんましんが出るほか、はきけ、嘔吐、声が出にくい、息が苦しいなどの症状やショック状態になるような、はげしい全身反応のことです。
④BCG接種においては、外傷などによるケロイドが認められる人
⑤その他、医師が不適当な状態と判断した場合
上の①~④に当てはまらなくても医師が接種不適当と判断した時は、予防接種を受けることはできません。

(公財)予防接種リサーチセンター「予防接種と子どもの健康(2015年度版)」から転載(一部改変)