日本脳炎ワクチン

日本脳炎ワクチン

  • 定期接種
  • 不活化ワクチン
  • 皮下注射

日本脳炎を予防するワクチンです。
このワクチンの接種により日本脳炎に対する抗体ができ、かかりにくくなります。

予防できる感染症

日本脳炎 蚊(コガタアカイエカ)が媒介するウイルスでおこり、高熱・頭痛・嘔吐・意識障害やけいれんなどの症状を示します。知覚障害や運動障害の後遺症が残ったり、亡くなることもある感染症です。

接種対象・スケジュール

日本脳炎ワクチンは完了するまでに4回接種します。

第1期:
生後6ヵ月から接種できますが、標準的には3歳からの接種となっています。1~4週間隔で2回、2回目の約1年後に3回目を接種します。3回の接種で基礎免疫をつけたことになります。
第2期:
9~12歳に1回接種します。

接種スケジュール

公益社団法人 日本小児科学会「日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール」より一部改変

豆ちしき

2009年以前に使用されていた古いタイプの日本脳炎ワクチンはADEM(亜急性散在性脳脊髄炎)という脳や脊髄、視神経の病気との関連性が疑われ、接種が一時見合わせとなりました。(積極的推奨の差し控え)
現在はすべて新しいタイプのワクチンに替わっています。
1995年4月2日から2007年4月1日までに生まれた人で接種を見合わせた人については、通常の定期接種の期間にかかわらず、20歳未満であれば、接種していない回数分を定期接種として受けられます。日本脳炎ワクチンの接種回数を母子健康手帳で確認しましょう。
詳しくは、お住まいの自治体にお問い合わせください。