水痘(みずぼうそう)ワクチン

水痘(みずぼうそう)ワクチン

  • 定期接種
  • 生ワクチン
  • 皮下注射

水痘(みずぼうそう)を予防するワクチンです。
このワクチンの接種により水痘(みずぼうそう)に対する抗体ができ、かかりにくくなります。

予防できる感染症

水痘(みずぼうそう) 感染力の強い水痘帯状疱疹ウイルスによっておこる病気です。風しんやおたふくかぜよりも感染力が強く、水痘に感染した人のせきやくしゃみを吸い込むことで感染します。発熱、水ぶくれを伴う発しんが主な症状で、重症化し入院する場合もあります。

接種対象・スケジュール

1歳になったらすぐに(1歳3ヵ月までに)1回目を接種します。
しっかりと免疫をつけるために、最低3ヵ月以上(標準的には6ヵ月から1年まで)の間隔をあけて2回目を接種します。忘れずに2回目の接種を受けましょう。

接種スケジュール

公益社団法人 日本小児科学会「日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール」より一部改変

豆ちしき

2014年10月から定期接種で受けられるようになりました。
合併症が多く、その場合は重症化しやすいので、ワクチン接種が必要です。また、接種が1回だけだと、免疫が不十分で発症する可能性があります。