ワクチン新聞

検索

ワクチンや感染症の名前など、気になるワードで記事を探しましょう。

号数  年  号
検索ワード
記事のタイトル、本文を部分一致で検索します。

検索結果 8 件中 1 - 5 件目

令和2年(2020)早春号

開く

小学校入学までに受ける予防接種

小学校への入学準備の一環として、これまでに定期接種として定められた予防接種をすべて受けているか確認しましょう。母子健康手帳にある予防接種記録のページを見返して、接種したワクチンの種類と回数をチェックしましょう。例えば2020年4月に小学校に入学するお子さんの場合、小学校入学までの定期接種ワクチンは、Hib(ヒブ)、小児用肺炎球菌、4種混合(DPT-IPV)、BCG、日本脳炎、MR (麻しん・風しん混合)、水痘です。それぞれのワクチンに定期接種となる対象年齢が決められており、期間内は費用の自己負担なく接種できます。ワクチンを接種すると体に免疫の記憶が残り、いざ病原体が体に入ったときに免疫が早く働いて病気を防いだり、かかったとしても軽い症状で済みます。受けそびれたまま、定期接種の時期を過ぎてしまったワクチンはありませんか?定期接種の対象年齢から外れてしまっても*1、接種が勧められるワクチンがあります。かかりつけの医師に相談してみましょう。
2020年4月から小学校に入学するお子さんは、2020年3月31日までにMR(麻しん・風しん混合)ワクチンの定期接種を済ませましょう。第2期の定期接種は5~7歳未満で小学校入学前の1年間(就学前年度4月1日~3月31日)です。2020年3月31日を過ぎた場合は、任意接種となります。加えて、下のグラフのように百日せきにかかった人の多くが小学生であったことから、小学校入学前に3種混合(百日せき、ジフテリア、破傷風)を任意接種で受けることが日本小児科学会より推奨されています(同様にポリオ、おたふくかぜも入学前の任意接種を推奨)。
*1 定期接種の対象年齢外でワクチンを接種する場合は、任意接種となり、費用は自己負担です。

開く

令和元年(2019)夏号

開く

生後2か月からワクチン接種を開始するために妊娠中から準備スタート

子どもの予防接種は、特に乳幼児期に集中しており、生後2か月でのワクチンデビューから1歳になるまでの間に、定期接種としてHib(ヒブ)ワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、B型肝炎ワクチン、4種混合ワクチン(DPT-IPV)、日本脳炎ワクチン*1、BCGの接種開始時期が設定されています。さらに任意接種として、ロタウイルスワクチンや、インフルエンザワクチンの接種ができます。接種間隔や接種回数は、ワクチンの種類によって異なります。
ワクチンを接種すると、体に免疫の記憶が残り、いざ病原体が体に入ったときに免疫を早く働かせることができます。大切な赤ちゃんを感染症から守るために、生後2か月になったら、すみやかに予防接種を開始することが大切です。
出産直後は忙しいので、妊娠中、特に妊娠後半の妊婦健診時から予防接種の話を聞いておくとスムーズです。予防接種についてわかりやすく解説したリーフレットなども活用して情報を集めましょう。
2週間健診・1か月健診の時期には、医療機関に問い合わせて、接種日を予約しましょう。
*1日本小児科学会より、日本脳炎流行地域に渡航・滞在する小児、最近日本脳炎患者が発生した地域・ブタの日本脳炎抗体保有率が高い地域に居住する小児に対して、生後6か月からの定期接種開始が推奨されています。
【妊娠中(特に妊娠後半)】
•妊婦健診の際、予防接種の情報を集めましょう。

【出産直後~退院までの入院期間】
•予防接種に関するリーフレットなど資料をもらいましょう。

【2週間健診・1か月健診】
•区(市町村)から保護者宛てに予防接種実施に関する通知が郵送されます。予防接種を受ける日を予約しましょう。詳しくはお住いの区(市町村)へお問い合わせください。

【3~4か月健診】
•健診時に、母子健康手帳などで予防接種の進み具合を確認してもらいましょう。
•次に予防接種を受ける日を予約しましょう。

【6~7か月健診、10か月健診】
•健診時に、母子健康手帳などで予防接種の進み具合を確認してもらいましょう。
•予防接種のスケジュールが遅れている場合は、医師に相談して予防接種のスケジュールを立て直し、接種を受けましょう。
•1歳から接種が始まる予防接種を確認しましょう。

【1歳】
•0歳で受けた予防接種にもれがないか確認しましょう。

開く

令和元年(2019)初夏号

開く

ワクチン質問箱

質問:帯状疱疹ワクチンは、インフルエンザや肺炎球菌ワクチンと同時接種できますか?
回答:帯状疱疹ワクチンは、任意接種として50歳以上で接種できます。一般的に帯状疱疹ワクチンは、インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンと同時接種はしていません。生ワクチンは接種から中27日以上、不活化ワクチンは接種から中6日以上、間隔をあけてから、別の種類のワクチンを接種します。例えば、不活化ワクチンであるインフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンの接種後であれば、中6日以上あけて帯状疱疹ワクチンを接種します。しかし、医師が特に必要と判断した場合は、他のワクチン(生ワクチン、不活化ワクチン)と同時に接種できます。

開く

平成31年(2019)春号

開く

成人が受ける予防接種

肺炎患者の約7割を75歳以上の高齢者が占めています。成人の肺炎の原因となる代表的な細菌は肺炎球菌です。肺炎球菌による肺炎と重症化を防ぐために、65歳で肺炎球菌ワクチンを定期接種します。しかしながらワクチン接種率は40%程度にとどまり、高いとはいえません。80歳代以上では肺炎による死亡率が急激に増加するので、自分自身の健康を守るために、65歳になったら肺炎球菌ワクチンの接種について医師に相談しましょう。なお、インフルエンザに感染すると、細菌による二次感染が起こって肺炎になるケースもあるので、インフルエンザワクチンの接種は肺炎の予防としても大切です。
また、成人の9割以上はみずぼうそうにかかったことがあり、治癒後も生涯にわたり水痘帯状疱疹ウイルスが体内に潜伏しています。高齢になると免疫力の低下などにより、体の中に潜んでいた水痘帯状疱疹ウイルスが再活性化し、帯状疱疹を発症することがあります。帯状疱疹で神経が傷つくと、後遺症として痛みが長期間残ることもあります。帯状疱疹を予防するために、50歳以上の人は任意接種として帯状疱疹予防のワクチンを接種できます。接種を希望する場合は、医師に相談しましょう。

開く

平成30年(2018)春号

開く

赤ちゃんの予防接種

赤ちゃんはお母さんのお腹の中で母体から免疫力を受け継ぎますが、生後しばらくするとその効果は徐々に低下し、感染症にかかりやすくなります。このため感染症ごとに、かかりやすい月齢・重症化しやすい月齢等を考慮して、接種するワクチンの種類や標準的な接種時期が定められています。
最近、ワクチンで予防できる感染症が増え、1歳までの接種スケジュールは複雑化してきました。予防接種は予約制とする小児科もあります。Hib(ヒブ)や肺炎球菌のワクチンは生後2ヵ月から接種できるため、以下の目安を参考に、早めに医師に相談して予防接種の計画を立てましょう。

開く
資材のPDFがダウンロードできます。

啓発用としてご自由にお使いください。
get_adobe_reader

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。