ワクチン新聞

検索

ワクチンや感染症の名前など、気になるワードで記事を探しましょう。

号数  年  号
検索ワード
記事のタイトル、本文を部分一致で検索します。

検索結果 6 件中 1 - 5 件目

令和4年(2022) 早春号

開く

遅らせないで!麻しん、風しんの予防接種

新型コロナウイルス感染症の流行で、MR(麻しん・風しん混合)ワクチンの予防接種率が低下しています。神奈川県のMRワクチンの接種本数を、流行前後の2019年と2020年で比較したところ、2020年のMRワクチンの第1期※1の接種本数は2019年の95.3%、第2期※1は約半分の52.8%まで減少したことがわかりました*1。感染を恐れて医療機関での予防接種をためらう親御さんが多く、特に第2期は「子どもが大きくなってきたから少しくらい遅れても大丈夫」という過信も影響したとされています。
麻しんは感染力が強く、免疫を持たない人が感染するとほぼ100%発症します。日本は2015年に麻しんの排除状態にあるとされましたが、海外から持ち込まれた異なる型の麻しんウイルスによって流行が繰り返されています。また、風しんは2013年の流行以降減少傾向でしたが、2018年に成人を中心に再度増加しました。麻しんや風しんにかかると、成人や乳幼児の健康に様々な悪影響があり、特に免疫が十分でない妊娠20週頃までの女性が感染すると、先天性風しん症候群の赤ちゃんが生まれる危険性が高まるとされています。
日本小児科学会の定期予防接種スケジュールは、子どもにとって最も理想的な接種時期を想定して作られており、新型コロナウイルス感染症が流行していても通常通りワクチンを接種することが推奨されています。麻しんや風しんなどのワクチンで予防可能な病気(VPD)から子どもを守るために、スケジュールに沿って予防接種を受け、やむを得ず接種を見合わせたワクチンがある場合は、医師に相談の上なるべく早期にキャッチアップ※2しましょう。
※1 MRワクチンの第1期は1歳代で1回接種します。第2期は小学校入学前年(通常、幼稚園、保育所の最年長児)の1年間に1回接種します。
※2 予防接種におけるキャッチアップとは、年齢ごとに定められた、または推奨される予防接種スケジュールを完了できていない人が、後追いで予防接種を受けて必要な免疫を得ることをいいます。
*1 国立感染症研究所:病原微生物検出情報月報 Vol.41 No.9(No.487)
https://www.niid.go.jp/niid/images
/idsc/iasr/41/487.pdf

開く

令和3 年(2021)初夏号

開く

ウイルス性疾患にかかったあとの予防接種時期

予防接種は、元気で体調のよい時に受けることが原則です。しかし、もしウイルス性疾患にかかってしまったら、どのくらいの期間をあけてから予防接種を行うのがよいのでしょうか。
予防接種法では、はっきりとした基準は設定されていませんが、ウイルスが体内で増殖している時に生ワクチンを接種しても効果が期待できない場合があります。罹患によって免疫機能が低下すると考えられている麻しんでは治癒後4週間程度、風しん、おたふくかぜ、みずぼうそう(水痘)などの場合には治癒後2〜4週間程度の間隔をあければ不活化ワクチン、生ワクチンとも接種できるとされています*3。一般的なかぜ症候群や胃腸炎、突発性発疹、手足口病など軽症のウイルス性疾患でも、治癒後1〜2週間の間隔をあけるようにしましょう*3。
心配な症状や、わからないことがあったら、かかりつけ医に相談して予防接種の接種時期を決めることが大切です。
*3 一般社団法人日本ワクチン産業協会. 予防接種に関するQ&A集. 2020, 東京, 教育広報社, p.16

開く

令和3年(2021)早春号

開く

麻しん・風しんの予防接種を受けましょう

麻しん(はしか)と風しんは、ウイルスによる感染症です。近年、どちらも流行を繰り返しているため、予防接種を受けて免疫を獲得しておくことが大切です。
日本は、2015年に世界保健機関(WHO)から「麻しん排除国」の認定を受けました。しかし、その後も海外で感染した人がウイルスを持ち込む輸入感染例が各地で見られ、2019年は排除認定後で最も報告数の多い年になりました。風しんは、2013年に国内で大流行して以降、患者数は減少していましたが、2018年からまた増えています。現在、麻しん、風しんともに患者の多くは成人ですが、乳幼児への感染源となったり、風しんに対する免疫が十分にない妊婦さんが風しんウイルスに感染することで先天性風しん症候群の赤ちゃんが生まれる危険性が高まったりと、成人のみならず乳幼児に重症の合併症をもたらすことが心配されています。
麻しん・風しんは、ワクチンで予防可能な感染症です。子どもの麻しん・風しんを予防し、重症の合併症を予防するために、1歳以上で2回のMR(麻しん風しん混合)ワクチンを接種することが大切です。
MRワクチン接種の対象となるのは、1歳のお子さん(第1期)と5歳以上7歳未満で小学校就学前の1年間(就学前年度4月1日~3月31日)のお子さん(第2期)です。特に2021年4月に小学校に入学する2014年4月2日~2015年4月1日生まれのお子さんは、第2期のワクチン接種が済んでいるかを確認し、2021年3月31日までに予防接種を受けましょう

開く

混合ワクチンの意義

近年では、0~1歳児に対する定期接種により9つのワクチンで13種類の感染症が予防可能となりました。
1本の注射液(ワクチン製剤)で数種類の感染症が予防できるワクチンを、混合ワクチンといい、日本の混合ワクチンには、ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオの4種混合ワクチン(DPT-IPV)や、麻しん、風しんのMR(麻しん風しん混合)ワクチンなどがあります。
海外では、4種混合ワクチンにさらにHib(ヒブ)やB型肝炎ウイルスを混合した5種混合や6種混合のワクチンが使用されています。
混合ワクチンには、1本のワクチン製剤で数種類の感染症に対して早期から効率的に免疫をつけることができる以外にも、接種漏れを回避したり、接種回数を減らすことで赤ちゃんや保護者の負担軽減をしたりと、さまざまなメリットがあります。
赤ちゃんや保護者のさらなる負担軽減のために、混合ワクチンの今後の充実が期待されています。

開く

感染症Q&A

Q.麻しんはなぜ「はしか」と言うのですか?
A.「はしか」は、芒(稲や麦などの穂先にある針のような毛)に触れたときの痛がゆい感覚を指す「はしかい」という言葉が語源だと言われています。麻しんにかかると、のどや皮膚がチクチク、ヒリヒリとした感じになり、それが稲や麦の穂先でこすった感覚と似ていることから「はしかい」が、だんだんと「はしか」と言われるようになりました。「麻しん(麻疹)」は中国語由来の言葉で、発しんの形や色が麻の実のように見えたところから来ています。「はしか」や「麻しん」と言われるようになったのは江戸時代以降で、現在も2つの言葉が存在し、「はしか」は広く一般的に使われ、「麻しん」は医学や行政用語として主に使用されています。

開く

令和2年(2020)秋号

開く

ワクチンの接種間隔が変わりました

2020年10月から、異なる種類のワクチンの接種間隔が改正されました*2。これまで複数のワクチンを別の日に接種する場合、MRワクチンやロタウイルスワクチンなどの生ワクチンの接種後は27日以上、日本脳炎ワクチンなどの不活化ワクチンでは6日以上の間隔をあける必要がありました。この規定が見直され、注射生ワクチン接種後に、異なる注射生ワクチンを接種する場合は、これまでどおり27日以上の間隔をあけますが、それ以外は制限がなくなりました*2。また、ロタウイルスワクチンが、同じ10月から定期接種に変更になりました*3。
ロタウイルスワクチンの定期接種は、2020年8月以降に生まれた赤ちゃんが対象です。詳細はお住まいの市区町村にお問い合わせください。
*2 厚生労働省ホームページ:予防接種の接種間隔に関する検討
https://www.mhlw.go.jp/content
/10906000/000588558.pdf
*3 厚生労働省ホームページ:ロタウイルスワクチンの定期接種化について
https://www.mhlw.go.jp/content
/10601000/000553925.pdf

開く

令和2年(2020)早春号

開く

小学校入学までに受ける予防接種

小学校への入学準備の一環として、これまでに定期接種として定められた予防接種をすべて受けているか確認しましょう。母子健康手帳にある予防接種記録のページを見返して、接種したワクチンの種類と回数をチェックしましょう。例えば2020年4月に小学校に入学するお子さんの場合、小学校入学までの定期接種ワクチンは、Hib(ヒブ)、小児用肺炎球菌、4種混合(DPT-IPV)、BCG、日本脳炎、MR (麻しん・風しん混合)、水痘です。それぞれのワクチンに定期接種となる対象年齢が決められており、期間内は費用の自己負担なく接種できます。ワクチンを接種すると体に免疫の記憶が残り、いざ病原体が体に入ったときに免疫が早く働いて病気を防いだり、かかったとしても軽い症状で済みます。受けそびれたまま、定期接種の時期を過ぎてしまったワクチンはありませんか?定期接種の対象年齢から外れてしまっても*1、接種が勧められるワクチンがあります。かかりつけの医師に相談してみましょう。
2020年4月から小学校に入学するお子さんは、2020年3月31日までにMR(麻しん・風しん混合)ワクチンの定期接種を済ませましょう。第2期の定期接種は5~7歳未満で小学校入学前の1年間(就学前年度4月1日~3月31日)です。2020年3月31日を過ぎた場合は、任意接種となります。加えて、下のグラフのように百日せきにかかった人の多くが小学生であったことから、小学校入学前に3種混合(百日せき、ジフテリア、破傷風)を任意接種で受けることが日本小児科学会より推奨されています(同様にポリオ、おたふくかぜも入学前の任意接種を推奨)。
*1 定期接種の対象年齢外でワクチンを接種する場合は、任意接種となり、費用は自己負担です。

開く

ワクチン質問箱

質問:MRワクチンは、なぜ定期接種を2回行うのですか?
回答:MRワクチンの1回目の定期接種を受けた子どものうち、95%以上は麻しん・風しんに対する免疫を得ます*2。しかし数%の人は、1回目のみの接種では、十分な免疫を得ることができないと考えられています。2回目の接種を受けると、99%以上の人が免疫を得ることができるとされています*2。確実に免疫をつけるために、2回接種が推奨されています。
*2 日本小児科学会:日本小児科学会の「知っておきたいわくちん情報」No.16麻疹・風疹ワクチン

開く

ミニコラム

出席停止になる感染症
麻しん、風しん、みずぼうそう、結核、髄膜炎菌性髄膜炎、百日せき、おたふくかぜ、インフルエンザ、咽頭結膜熱などは、感染者から周囲の人へ感染が広がって流行する可能性があるため出席停止になり、登園・登校は控えることが学校保健安全法で定められています。治癒して再登校するときは、学校へ「治癒証明書」の提出を求められることがあります。

開く
資材のPDFがダウンロードできます。

啓発用としてご自由にお使いください。
get_adobe_reader

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。