突発性発疹

突発性発疹

生まれてから初めての高熱という場合が多いです。高熱が3~4日続き、解熱後に赤い小さな発疹が全身に広がります。発熱したときはまず受診しましょう。

主な症状・経過

主な症状・経過

  • 突然の高熱と解熱前後の発しんが特徴です。
  • 38℃以上の発熱が3日間ほど続いた後、解熱とともに鮮紅色の発しん(斑丘疹)が体を中心に顔、手足に数日間現れます。
  • それに伴う症状として、下痢、眼瞼浮腫、大泉門膨隆(だいせんもんぼうりゅう)、リンパ節腫脹などがあげられますが、多くは発熱と発しんのみで経過します。
  • 予防方法、特別な治療方法はなく、症状を少し楽にする対症療法が行われます。

特徴

原因となる病原体 ヒトヘルペスウイルス(6型、7型)
感染経路 家族や保育者、濃厚接触者などの成人の唾液中に排泄されるウイルスによる感染
かかりやすい年齢 6~24か月が最も多く、4歳までにほとんどの小児が感染する。

公益社団法人 日本小児科学会「学校、幼稚園、保育所で予防すべき感染症の解説」より一部改変