ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナ

高熱が出て、のどの奥や口蓋に水疱ができる夏風邪の一種です。水疱が破れると痛みを伴うので、脱水症状や食欲不振になりやすいため、水分補給を心がけましょう。

主な症状・経過

主な症状・経過

  • 発熱と口腔粘膜にあらわれる水疱性の発しんを特徴とした急性のウイルス性咽頭炎で、乳幼児を中心に夏季に流行します。
  • 38~40℃の発熱で発症し、同時にのどが痛みます。発熱が1~3日続き、食欲不振、全身のだるさ、頭痛などを起こします。
  • 一般的に経過は良好で、後遺症は残らず、2~3日以内に回復します。
  • 急性期~回復期(発症後4週間後ごろまで)には、便からウイルスが排泄されます。
  • 特別な治療方法はなく、症状を少し楽にする対症療法が行われます。

特徴

原因となる病原体 主としてコクサッキーウイルス(A群)
感染経路 経口感染(糞口感染)、飛沫感染、接触感染
かかりやすい年齢 4歳以下の乳幼児

公益社団法人 日本小児科学会「学校、幼稚園、保育所で予防すべき感染症の解説」より一部改変