結核

結核

現在でも毎年2万人が発症しているため、大人から子どもへ感染することも少なくありません。乳幼児がかかると全身性の結核症や結核性髄膜炎、粟粒結核(ぞくりゅうけっかく)を起こし、重い後遺症を残す可能性があります。

主な症状・経過

  • 結核は、結核菌という細菌が体の中に入ることによって起こる病気です。
  • 人が生まれてはじめて結核菌を吸い込んだ場合、10~15%の人ではその後1、2年のうちに発病しますが、その他の人では菌は冬眠状態でしぶとく体内に留まることになります。
  • 結核菌は主に肺の内部で増えるため、咳、痰、発熱、呼吸困難等、風邪のような症状を呈することが多いですが、肺以外の臓器が冒されることもあり、腎臓、リンパ節、骨、脳など身体のあらゆる部分に影響が及ぶことがあります。
  • 特に、小児では症状が現れにくく、全身に及ぶ重篤な結核につながりやすいため、注意が必要です。

特徴

原因となる病原体 結核菌
感染経路 主に空気感染、飛沫感染
経口感染、接触感染、経胎盤感染の場合もあり
合併症 乳幼児の場合は、粟粒結核という重症の肺結核になったり、脳を包む髄膜に炎症が広がる結核性髄膜炎になると死亡したり、重い脳障害を起こしたりする危険性が高くなります。

公益社団法人 日本小児科学会「学校、幼稚園、保育所で予防すべき感染症の解説」より一部改変