小児用肺炎球菌ワクチン

小児用肺炎球菌ワクチン

  • 定期接種
  • 不活化ワクチン
  • 皮下注射

肺炎球菌による感染症を予防するワクチンです。
このワクチンの接種により13種類の肺炎球菌血清型に対する抗体ができ、かかりにくくなります。

予防できる感染症

小児の肺炎球菌感染症
(細菌性髄膜炎、敗血症、肺炎等)
肺炎球菌は、乳幼児の上気道に感染後、ときに細菌性髄膜炎、敗血症、肺炎などの重篤な全身感染症や中耳炎、副鼻腔炎などの気道感染症を起こします。

接種対象・スケジュール

生後2ヵ月~5歳の誕生日前日まで接種できます(5歳以上6歳未満は任意接種)。
標準的なスケジュールでは4週間隔で3回、生後12~15ヵ月未満に4回目を接種します。
初回の接種月齢・年齢(生後2ヵ月~7ヵ月までに開始できなかった場合)によって接種間隔・回数が異なります。

接種スケジュール

公益社団法人 日本小児科学会「日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール」より一部改変

豆ちしき

2013年11月から従来の7価ワクチン(PCV7 :7種類の肺炎球菌に予防効果があるワクチン)が13価ワクチン(PCV13:13種類の肺炎球菌[血清型1、3、4、5、6A、6B、7F、9V、14、18C、19A、19F、23F]に予防効果があるワクチン)に切り替わりました。
このワクチンに含まれている13種類の肺炎球菌以外による感染症あるいは他の細菌による感染症を予防することはできません。