小児の肺炎球菌感染症

ジフテリア

のどや鼻に感染し、症状は発熱、嘔吐、のどの痛み、犬吠え様のせきなどです。偽膜と呼ばれる膜ができ、窒息して亡くなることもあります。

主な症状・経過

  • 症状は発熱、嘔吐、のどの痛み、犬吠え様のせきなどで、偽膜と呼ばれる膜ができ、窒息して亡くなることもあります。
  • 主に気道の分泌物によってうつり、喉などに感染して毒素を放出します。
  • 毒素が心臓の筋肉や神経に作用することで、眼球や横隔膜(呼吸に必要な筋肉)などの麻痺、心不全等を来たして、重篤になる場合や亡くなってしまう場合があります。
  • ジフテリアにかかった場合、一般に10%程度の方が亡くなってしまうといわれています。また、特に5歳以下や40歳以上の年齢の場合は重くなりやすく、最大で20%の方が亡くなってしまうといわれています。

特徴

原因となる病原体 ジフテリア菌
感染経路 飛沫感染
合併症 神経の麻痺や心臓の筋肉に炎症が起こって死亡することがあります。

公益社団法人 日本小児科学会「学校、幼稚園、保育所で予防すべき感染症の解説」より一部改変