小児の肺炎球菌感染症

小児の肺炎球菌感染症
[細菌性髄膜炎、敗血症、肺炎等]

肺炎球菌は、乳幼児の上気道に感染後、ときに細菌性髄膜炎、敗血症、肺炎などの重篤な全身感染症や中耳炎、副鼻腔炎などの気道感染症を起こします。

主な症状・経過

  • 乳幼児において、血液中に侵入して、菌血症(血流中に細菌が存在する状態)を起こすことがあります。
  • 菌血症から敗血症(全身性の炎症反応)に進展すると、血圧低下、血管内で血液が凝固し無数の血栓ができるDIC(播種性血管内凝固症候群)、臓器不全などの重篤な症状を呈します。
  • 菌血症から脳を包む髄膜に炎症(髄膜炎)をきたすと発熱、頭痛、意識障害、けいれんなどが見られます。
  • 肺炎球菌による細菌性髄膜炎の死亡率2%、後遺症の発生率が10%であった報告があります。

特徴

原因となる病原体 肺炎球菌
感染経路 主に飛沫感染
かかりやすい年齢 3ヵ月~5歳(特に2歳以下に多い)
合併症 髄膜炎にともなう合併症は多く、死亡や発達・知能・運動障害などのほか、難聴(聴力障害)などが起こることがあります。

公益社団法人 日本小児科学会「学校、幼稚園、保育所で予防すべき感染症の解説」より一部改変