ワクチン新聞

検索

ワクチンや感染症の名前など、気になるワードで記事を探しましょう。

検索結果 21 件中 1 - 5 件目

全て開く

平成29年(2017)冬号

開く

1歳になったら、みずぼうそうの予防接種を

みずぼうそう(水痘)は、水痘帯状疱疹(すいとうたいじょうほうしん)ウイルスによる感染症です。主な症状は特徴的な発疹で、斑点状の赤い丘疹(きゅうしん)から始まり、その後水ぶくれ(水疱)を形成し、最...

みずぼうそう(水痘)は、水痘帯状疱疹(すいとうたいじょうほうしん)ウイルスによる感染症です。主な症状は特徴的な発疹で、斑点状の赤い丘疹(きゅうしん)から始まり、その後水ぶくれ(水疱)を形成し、最後はかさぶた(痂皮)となって治癒します。予防接種を受けなければ10歳までに80%の子どもがかかるといわれています。
最も効果的な予防法は、水痘ワクチンによる予防接種です。定期接種として1歳以上3歳未満で2回接種します。2回接種すると、1回接種に比べてより確実な抵抗力(免疫)が得られることが報告されています。1歳を迎えたら早めに水痘ワクチンの2回接種を受けましょう。2回の接種間隔は、3ヵ月以上あけます。麻しん風しん混合ワクチンとの同時接種も可能です。
なお、水痘帯状疱疹ウイルスに感染すると、ウイルスが一生にわたり体の中に潜伏感染し、加齢や免疫低下によって再活性化して「帯状疱疹」を発症することがあります。帯状疱疹を発症すると、水ぶくれを伴う赤い発疹が、体の左右どちらかに、帯状に出ます。また、強い痛みを伴うことが多く、症状は3~4週間ほど続きます。多くは胸や背中に症状が出ますが、顔や首などにあらわれることもあります。
水痘ワクチンを接種することで帯状疱疹の発症を予防できることがわかり、2016年に50歳以上を対象に帯状疱疹予防に水痘ワクチンが使用できるようになりました。

開く

感染症Q&A

Q.これからは帯状疱疹になる人が増えると聞きましたが、なぜですか?A.米国では1996年から小児を対象に水痘ワクチンの定期接種が始まりました。これにより、小児の水痘患者数は大きく減少しましたが、...

Q.これからは帯状疱疹になる人が増えると聞きましたが、なぜですか?
A.米国では1996年から小児を対象に水痘ワクチンの定期接種が始まりました。これにより、小児の水痘患者数は大きく減少しましたが、ワクチン接種を受けていない成人を中心に帯状疱疹の発症者が約2倍に上昇しました(2003年時点)。これは、既に水痘にかかりウイルスが潜伏感染していた成人は、周囲に水痘患者が少なくなることで野外ウイルスによる免疫賦活(ブースター)を受ける機会が減り、免疫力を増強できなくなります。そのため、加齢とともに免疫力が低下して発症しやすくなったためと考えられます*。日本でも2014年から小児への水痘ワクチン定期接種化が始まり、米国と同じような環境となり、帯状疱疹を発症する人が増えるのではないかと危惧されています。なお、水痘ワクチン接種を受けることで免疫力の増強効果が得られ、帯状疱疹の発症を抑制することが期待されます。*日本ワクチン産業協会:予防接種に関するQ&A集(第8版)を参照

開く

帯状疱疹と関係の深い疾患〜糖尿病〜

糖尿病によるインスリンの分泌低下や作用不足で血糖コントロール不良・高血糖状態が続くと、全身の血管が傷つき、白血球の機能や免疫力が低下します。すると、体に潜む水痘帯状疱疹ウイルスが再活性化し、帯状...

糖尿病によるインスリンの分泌低下や作用不足で血糖コントロール不良・高血糖状態が続くと、全身の血管が傷つき、白血球の機能や免疫力が低下します。すると、体に潜む水痘帯状疱疹ウイルスが再活性化し、帯状疱疹のリスクが高まります。糖尿病神経障害があると痛みに気づきにくいので帯状疱疹が重症化しやすく、皮膚症状の悪化や、回復後に継続する痛み(帯状疱疹後神経痛)が起こることもあります。


全て開く

平成29年(2017)夏号

開く

細菌とウイルスの違い

細菌とウイルスは、どちらも病気の原因になるという共通点がありますが、感染した場合の治療法は大きく異なります。破傷風や百日せきなど細菌感染症の治療には抗生物質が使用されますが、ウイルス感染症に効く...

細菌とウイルスは、どちらも病気の原因になるという共通点がありますが、感染した場合の治療法は大きく異なります。破傷風や百日せきなど細菌感染症の治療には抗生物質が使用されますが、ウイルス感染症に効く抗生物質はありません。また、ウイルス感染症では、インフルエンザ、水痘、B型肝炎などには有効な抗ウイルス薬がありますが、麻しんや日本脳炎など多くのウイルス感染症には有効な治療薬がありません。


全て開く

平成29年(2017)春号

開く

ワクチンで予防できる「帯状疱疹」

子どもの頃にみずぼうそう(水痘)にかかると、みずぼうそうが治った後も原因ウイルスは体内(神経節)に潜んでいます。その後、免疫力の低下などによりウイルスが再活性化し、みずぶくれや痛みを伴う発疹が帯...

子どもの頃にみずぼうそう(水痘)にかかると、みずぼうそうが治った後も原因ウイルスは体内(神経節)に潜んでいます。その後、免疫力の低下などによりウイルスが再活性化し、みずぶくれや痛みを伴う発疹が帯状に現れることがあります(帯状疱疹)。帯状疱疹を発症すると強い痛みを伴うことが多く、発疹が治っても、時には何年も強い痛みが残る(帯状疱疹後神経痛)ことがあります。
帯状疱疹は50歳以上に多く発症し、80歳までに約3人に1人が経験すると考えられます。しかし、これまで多くの子どもたちに接種されている水痘ワクチンに帯状疱疹の予防効果が認められ、50歳以上の人は、帯状疱疹予防に水痘ワクチンが接種できるようになりました(任意接種)。接種を希望する場合は、かかりつけの医療機関でご相談ください。


全て開く

平成29年(2017)早春号

開く

みずぼうそうは水痘ワクチンで予防

みずぼうそう(水痘)は春先に流行し、主症状は発熱と発疹です。はじめは平らで小さな赤いブツブツで、虫さされやあせもに似ていることもありますが、数時間で水ぶくれ(水疱)になり、顔を含め全身に広がりま...

みずぼうそう(水痘)は春先に流行し、主症状は発熱と発疹です。はじめは平らで小さな赤いブツブツで、虫さされやあせもに似ていることもありますが、数時間で水ぶくれ(水疱)になり、顔を含め全身に広がります。水ぶくれはかさぶた(痂皮)に変わり、1週間~10日でかさぶたがはがれ落ちて治ります。
みずぼうそうは感染者の咳・くしゃみや発疹(水疱)に含まれる水痘帯状疱疹ウイルスが感染源となります。予防は水痘ワクチンが効果的で、法律に基づいて市町村が主体となって実施する定期接種となっています。ワクチン接種で90%以上の人に免疫ができ、感染しても発症しないか、症状が軽くすみ、重い合併症などの危険が低くなります。
水痘ワクチンは1歳以上3歳未満で、2回接種します。1歳になったら、なるべく早くに1回目のワクチンを接種しましょう。1回目の接種から3ヵ月以上間隔をあけ(接種までの標準は6~12ヵ月)、2回目のワクチンを接種します。確実な免疫をつけるために、1回目の接種から3ヵ月が過ぎたら、忘れずに2回目のワクチンを計画しましょう。

開く

ワクチン質問箱

質問:お母さんが妊娠中で水痘の免疫がない場合、同居する子どもに水痘ワクチンを接種できますか?回答:お母さんが妊娠している場合、妊婦さん自身への接種はできませんが、同居するお子様への水痘ワクチン接...

質問:お母さんが妊娠中で水痘の免疫がない場合、同居する子どもに水痘ワクチンを接種できますか?
回答:お母さんが妊娠している場合、妊婦さん自身への接種はできませんが、同居するお子様への水痘ワクチン接種は可能です。接種を受けた子どもから周囲の人へワクチンウイルスが感染することは、通常は心配ありません。むしろ、ワクチン接種を受けていない子どもや配偶者が自然感染し、そこから免疫のない妊婦さんが水痘に感染するリスクの方が心配です。

開く

感染症Q&A

Q.なぜ冬に感染症が増えるの?A.みずぼうそう、インフルエンザ、感染性胃腸炎(ロタウイルス)、麻しん、風しん、溶連菌感染症などが流行する冬(2~3月)は、空気が乾燥しているため、低温・低湿を好む...

Q.なぜ冬に感染症が増えるの?
A.みずぼうそう、インフルエンザ、感染性胃腸炎(ロタウイルス)、麻しん、風しん、溶連菌感染症などが流行する冬(2~3月)は、空気が乾燥しているため、低温・低湿を好むウイルスにとって快適な環境です。咳やくしゃみの飛沫に乗ったウイルスが遠くまで飛んで感染を広げます。また、鼻・のど・気管支などの粘膜も乾燥して、ウイルスが侵入しやすい環境になります。水分や栄養の補給と十分な休養が病気の予防に大切です。

開く

出席停止の感染症

インフルエンザ、百日咳、みずぼうそう、麻しん、風しんなどにかかると、学校保健安全法施行規則により「出席停止」となり、医師の許可が下りるまで登園・登校できません。治ったかどうかは自己判断せず、医師...

インフルエンザ、百日咳、みずぼうそう、麻しん、風しんなどにかかると、学校保健安全法施行規則により「出席停止」となり、医師の許可が下りるまで登園・登校できません。治ったかどうかは自己判断せず、医師に相談しましょう。登園・登校再開時に「登園・登校許可証」「治癒証明書」が必要な場合もあります。お仕事をお持ちの方などは、あらかじめ「病児保育」について調べておくと安心です。


全て開く

平成28年(2016)秋号

開く

感染症Q&A

Q.VPDってなんですか?A.VPDとは、Vaccine Preventable Diseases の略です。●Vaccine=ワクチン ●Preventable=防げる ●Diseases=病...

Q.VPDってなんですか?
A.VPDとは、Vaccine Preventable Diseases の略です。
●Vaccine=ワクチン ●Preventable=防げる ●Diseases=病気
解説:つまり、VPDとは「ワクチンで防げる病気」のこと。VPDには、麻しん、風しん、みずぼうそう、おたふくかぜ、インフルエンザ、感染性胃腸炎(ロタ)などがあります。VPDは、子どもたちの健康と命に大きくかかわる問題なので、決められた期間にワクチンを接種することが勧められています。