ワクチン新聞

検索

ワクチンや感染症の名前など、気になるワードで記事を探しましょう。

検索結果 19 件中 1 - 5 件目

全て開く

平成29年(2017)夏号

開く

ワクチン質問箱

質問:混合ワクチンとは?回答:混合ワクチンとは、複数の病気に対するワクチンが初めから1本の注射液に混合して含まれたものです。混合ワクチンを使うことで、1種類ずつ接種する方法に比べ、接種回数を減ら...

質問:混合ワクチンとは?
回答:混合ワクチンとは、複数の病気に対するワクチンが初めから1本の注射液に混合して含まれたものです。混合ワクチンを使うことで、1種類ずつ接種する方法に比べ、接種回数を減らすことができます。日本で接種できる混合ワクチンは、4種混合ワクチン(ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオ)、2種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風)やMRワクチン(麻しん、風しん)などがあります。


全て開く

平成29年(2017)早春号

開く

感染症Q&A

Q.なぜ冬に感染症が増えるの?A.みずぼうそう、インフルエンザ、感染性胃腸炎(ロタウイルス)、麻しん、風しん、溶連菌感染症などが流行する冬(2~3月)は、空気が乾燥しているため、低温・低湿を好む...

Q.なぜ冬に感染症が増えるの?
A.みずぼうそう、インフルエンザ、感染性胃腸炎(ロタウイルス)、麻しん、風しん、溶連菌感染症などが流行する冬(2~3月)は、空気が乾燥しているため、低温・低湿を好むウイルスにとって快適な環境です。咳やくしゃみの飛沫に乗ったウイルスが遠くまで飛んで感染を広げます。また、鼻・のど・気管支などの粘膜も乾燥して、ウイルスが侵入しやすい環境になります。水分や栄養の補給と十分な休養が病気の予防に大切です。

開く

出席停止の感染症

インフルエンザ、百日咳、みずぼうそう、麻しん、風しんなどにかかると、学校保健安全法施行規則により「出席停止」となり、医師の許可が下りるまで登園・登校できません。治ったかどうかは自己判断せず、医師...

インフルエンザ、百日咳、みずぼうそう、麻しん、風しんなどにかかると、学校保健安全法施行規則により「出席停止」となり、医師の許可が下りるまで登園・登校できません。治ったかどうかは自己判断せず、医師に相談しましょう。登園・登校再開時に「登園・登校許可証」「治癒証明書」が必要な場合もあります。お仕事をお持ちの方などは、あらかじめ「病児保育」について調べておくと安心です。


全て開く

平成28年(2016)秋号

開く

感染症Q&A

Q.VPDってなんですか?A.VPDとは、Vaccine Preventable Diseases の略です。●Vaccine=ワクチン ●Preventable=防げる ●Diseases=病...

Q.VPDってなんですか?
A.VPDとは、Vaccine Preventable Diseases の略です。
●Vaccine=ワクチン ●Preventable=防げる ●Diseases=病気
解説:つまり、VPDとは「ワクチンで防げる病気」のこと。VPDには、麻しん、風しん、みずぼうそう、おたふくかぜ、インフルエンザ、感染性胃腸炎(ロタ)などがあります。VPDは、子どもたちの健康と命に大きくかかわる問題なので、決められた期間にワクチンを接種することが勧められています。


全て開く

平成28年(2016)夏号

開く

ワクチンで予防できる感染症

ヘルパンギーナや手足口病は、どちらも夏に流行し、かかると口の中に水疱ができる、熱が出るなどの共通点があります。感染経路は主に、咳やくしゃみなどの飛沫感染や便からの感染で、症状が治ったあとでも数週...

ヘルパンギーナや手足口病は、どちらも夏に流行し、かかると口の中に水疱ができる、熱が出るなどの共通点があります。感染経路は主に、咳やくしゃみなどの飛沫感染や便からの感染で、症状が治ったあとでも数週間は便にウイルスが排出されるため、まわりの感染源とならないよう注意が必要です。いずれもウイルスによる感染症で、特異的な治療薬はなく、残念ながらワクチンもないため予防することができません。
一方、最近では、ワクチンで予防できる感染症が増えてきました(表2)。4種混合ワクチンやMR(麻しん風しん混合)ワクチンなど、2種類以上の感染症予防に使用される「混合ワクチン」もあります。なお、接種できる年齢が決められているため、年齢を確認して、出来るだけ早めに予防接種を受けましょう。


全て開く

平成28年(2016)初夏号

開く

1歳までに受ける予防接種

赤ちゃんは、お母さんのお腹にいるときから様々な病気に対する免疫をお母さんから受け継ぐため、生まれてしばらくの間は感染症から守られています。しかし、百日せきの抗体は生まれて早い時期に、麻しん(はし...

赤ちゃんは、お母さんのお腹にいるときから様々な病気に対する免疫をお母さんから受け継ぐため、生まれてしばらくの間は感染症から守られています。
しかし、百日せきの抗体は生まれて早い時期に、麻しん(はしか)の抗体は1歳までには失われてしまいます。そのため百日せきを含む4種混合ワクチンは生後3カ月、麻しんを含むMR(麻しん風しん混合)ワクチンは生後12カ月になったらなるべく早い時期に接種する必要があります。
赤ちゃんがお母さんから受け継いだ免疫効果が減少する時期、感染症にかかりやすい年齢、かかった場合に重症化しやすい年齢などを考えて、予防接種の種類や内容、接種の推奨時期が設定されています。
1歳までに接種を受けるワクチンの種類や接種回数は、以前と比べて多くなっています。「1歳までの予防接種一覧表(表1)」を参考に早めに予防接種の計画を立てて、接種できる月齢になれば、できるだけ早く予防接種を受けましょう。早くから病気を予防できるだけでなく、スケジュールにも余裕がでてきます。